家を建てるのはハウスメーカー?工務店?

>

家を建てる時にチェックしておきたいこと

選ぶときに重視するポイントは

戸建て住宅は一生に一度の大きな買い物です。
安心できる家に長く住みたいと、ほとんどの方が思われることでしょう。
その証拠に、購入者に向けた、業者選択の決め手のポイントを尋ねるアンケートでは、ダントツ1位なのが「信頼性や評判」で7割以上が回答しています。
安心できるポイントになるのが、「工法」、「構造」、「デザイン」、そして「費用」が分かりやすいということでしょう。
購入する側は素人ですから、頑張って知識を増やしたところで、何十年もノウハウを培ってきたプロにはかないません。
正しい知識を分かりやすく説明してもらえることは、安心へとつながります。
業者選びの第一歩は、正しい情報を多く発信していることも、重要なポイントになります。

自分の希望に合った条件を埋めていく

建物の「工法」は、「木造軸組工法」や「2×4工法」、「軽量鉄骨」といった物で、1社が扱う工法はいずれか一つに絞られています。
どの工法をとるかを決めることで、業者が絞られます。
「デザイン」でいえば、どうしても外せないこだわりがある場合は、地元の工務店に相談した方が良い結果を生むかもしれません。
「費用」はCM等の広告費が加味されている分、ハウスメーカーはディスカウントしづらい面があります。
工務店の方が細かい予算の見直しにはむいているかもしれません。
最後に、「納期」に対して、ハウスメーカーは、工程をシステム化しているため、工務店が4~4.5か月かかるところをおよそ3.5か月で竣工まで漕ぎつけます。
スピード勝負な場合は工務店よりもハウスメーカーの方が有利に働くでしょう。
家に求めるものによって、選ぶ業者は変わりますから、依頼する前によく検討するようにしましょう。


この記事をシェアする