家を建てるのはハウスメーカー?工務店?

>

工務店で家を建てる

工務店によっても営業方法は様々

一口に工務店といっても、細菌の営業方法は様々です。
一番イメージしやすいのが、「街の工務店さん」といわれる、地域密着の、小さなエリア内で営業を行うタイプ。
依頼主との距離が近いことで、信頼関係を気づきやすい営業方法でもあります。
もう一つは、本部がコントロールし、各地域で募集したフランチャイズの工務店に仕事を依頼するスタイル。
本社で部材や顧客獲得などを行い、地方に流すという、レストランでいうセントラルキッチンスタイルのようなタイプです。
そして最後が、規模も、通常の工務店よりも大き目で、破風すメーカーよりも規模和小さくなるが、同様にモデルルームに出展したり、「〇〇の家」などといったブランドも確立するなど、比較的広範囲で営業を行うタイプです。

工務店のメリット

工務店にも様々な営業形態があるが、一貫して言えるのが、地域密着型での営業方針の上に成り立っていること。
フランチャイズとしても、実際に現場でのこぎりを持つのは地元の工務店のスタッフとなります。
その分、顔の見える職人さんたちの仕事なので、任せる側としても安心できるというポイントが大きいですね。
また、設計プランについても、大きく決まった枠内での変更にとどまるハウスメーカーと比較すると、内装材の選別や間取りの返納など、自由度が高いのが特徴。
注意すべきは、現場の職人の「ウデ」によって品質が左右されてしまうことがあるということ。
そして、竣工後の不具合について、顔見知りのスタッフがいるうちはこまめに対応してもらえるが、小人数で行っていることが多いので、フットワークの良さは大手にはかなわないところもあったります。


この記事をシェアする